脱毛サロンで全身の施術を受けた体験談

男子から毛深いことを指摘される屈辱

: 脱毛サロン比較

男子から毛深いことを指摘される屈辱 / 頑張ってバイトで脱毛貯金 / 最新の脱毛器は痛みが少ない

私が自分が毛が濃いことに気付いたのは、中学生の頃でした。
それまでは周りと比較して毛深いなどと感じたことは一度もなく、何の躊躇もせずに半袖やスカートで肌を露出していました。
しかし、ある夏の日のこと、クラスメイトの男子から突然毛深いとからかわれてしまったのです。
他にも何人かの男子が加わり、みんなで歌うような調子を付けて毛深い毛深いと笑われました。
それを見ていた他の男子や女子はやめなよと言いながら、私の目にはみんなが笑っているように映ったのです。
それはとても恥ずかしく屈辱的な出来事で、大人になった今でも忘れることはできません。
それからはむだ毛が私にとっての最大のコンプレックスとなってしまい、夏の制服で半袖になる季節でも、何かと理由を付けて上からカーディガンをはおり、なるべく肌を見せないようにしていました。
また男子からからかわれてしまうことが、とても怖かったからです。
少しでもむだ毛をなくそうと剃刀で自己処理をしたり、脱毛クリームで処理をしたりしましたが、なかなか自分が思うようなきれいな肌にすることはできませんでした。